【リノベーション古民家 飯能】#004 上階2Fも合わせれば、約199㎡。ラグジュアリーマンションの広さ同様の「余裕」という魅力

前回の続きです。

さあさあ、2Fに上がってみましょう(^^)/
なんだか、こども時代に戻った気分で、「わくわく」しますね。
こんな感じの階段が、家の中に2か所あります。
そして、上がると・・・
まあ☆♪
これまた、1Fに負けじと、広がるスペース。
ラグジュアリー、と思うのは、私だけでしょうか。
ついつい、図面をチェックです!
1Fは、約125㎡(約37坪)
2Fは、約74㎡(約22坪)
両方合わせると、199㎡(約59~60坪)です!
私はついつい、イメージしてしまうのです。
都市部の皆様、
約200㎡のマンションを、
イメージなさってみてくださりませ♪
もうそれは・・・( *´艸`)☆うふ。
一流外資系企業の役員向け、高級マンションのような広さです!!!
広い家に住むこと、憧れませんか?
都内23区のラグジュアリーエリアでしたら、簡単に、何億円もするお家になってしまいますことでしょう。。。
お姫様気分になれそうです(←勝手に、なりました)。
この古民家の広さが、どのようにリノベーションされていくのか、楽しみですね。
ちなみに、2Fは、お仕事場にされていたそうです。
御蚕(かいこ)さんの、お仕事。
天井には、「成田山」の木札のお守り(と言えばよいのでしょうか・・・)
埼玉飯能から、千葉の成田山まで、ご参拝に行かれたのですね。
祈りをささげられたこのお家に、私も敬意を申し上げ、お祈り申し上げます。
=====
なお、この施工ストーリーは、また、続きをアップいたします。
移住支援・地方創生コンサルタント
中川裕美子

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

SONORI おもてなし Academy

2017年8月
    10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter By Yumiko Nakagawa

Blog記事

SONORI kindle

SONORI EC site

アーカイブ

ページ上部へ戻る