「無知の知」を意識できる、若いならではの向上性を

皆様

こんばんは。

研修講師SONORI 中川裕美子です。


ちょっと、休憩モードでBlog更新タイムです。

雨が気になりながら、天気予報、見ましょう。


さて、今週は、4泊5日で出張に出て、翌日は1日他県へ外出と、体勝負の1週間でした。

その中、企業様ともありがたいお打合せ。

研修の振り返りです。


いろいろなお話を伺っていて

「ああ、若いのにもったいない・・・」と思ってしまうことが多くなりました。

ずいぶん、年をとっているなあと、自分の人生を思いながらの打合せ。


何が「若いのに」なのかというと、

「成長への停滞」です。


若いときは、できるだけ

どのような場面からも

どのような人からも

どのような時間からも

どのような空間からも

できる限り自己の成長に向けて、学びを得ていただければと、老婆中川裕美子は思うばかりです。



知った気になっている

できる気になっている

限界はここだと思い込んでいる


そうした自分を若い20歳代で形成してしまうのは、極めてもったいない。


そんなことを思う1週間でした。



・・・書いていて、ちょっと思うのは

「まあ、若いから、わからないのよ」と自分を慰める自分がいる、という私についてです。



若い皆さん

「この研修で、周りの人から学びや気づきを得ることは、何もなかった」なんて、回答しない自分でいましょうね。


それは、自分を自分で停滞、衰退させていることになってしまいます。

五感をフル回転で、感受性豊かに。


無知の知を楽しむ、幸せなレベル向上の日々を。



人材開発コンサルタント

SONORI 中川裕美子

有限会社SONORI & 中川裕美子

個々人を大切にする、人材開発コンサルティング会社、有限会社SONORIのHPへ、ようこそお越しくださりました。 SONORIとは、エスペラント語で「音が鳴り響く、共鳴する、ベル鳴る」という意味です。わたくしどもは、この言葉に思いをのせて、一人ひとりの個性が響き合うような社会創造を、ミッションとしています。 Conceptは「こころの幸せ」。こころに響くような、教育や書籍をご提供いたしております。