「彼が転勤になったら、私はついていきます」で内定はもらえる?模擬面接 講座DAY

皆様


こんばんは。

あちらこちらで荒れ模様のお天気。

私の住むJR東日本最西端の小淵沢も、雪が先ほどまで降っていました。


これから、雪かきという仕事が・・・・(汗)

なかなか事務作業だけとはいきません・・・。



さて、昨日は、女子学生さんへ就職対策。模擬面接を実施の1日でした。


「職業観を3つ教えてください」・・・というお題で、
模擬面接を公開レッスン形式で実施。


すると・・・


私の職業観は・・・

「私の望むライフスタイルに、会社があっているか、です」と。


はい。


そうした中で、面接官とキャッチボールをしていく間に、

自分自身で話を恋愛と結婚を軸にしたお話にもっていってしまいました・・・。



学生さん

 「もし、彼が福岡転勤になるようであれば、それについていこうと思います」


面接官役講師 
 「それでは、東京の私どもの会社は、そのときにお辞めになるということですね」


学生さん

  「・・・はい」


・・・・。


さ、どうでしょうか。これで、会社は採用してくれるのでしょうか???


悩める女子の「キャリア選択」がここで浮き彫りになります。


女子の採用が難しいのは、こうした話の軸がそれていく面接からもわかります。



「ここは就職面接試験。話の軸が、『愛する男性との時間』にならないようにしましょう」ということを、かなりの時間で、詳しく解説しました。



恋愛するな

仕事だけしろ

仕事を中心に生きていきなさい

夫の転勤は無視しろ

・・・なんて、一言も言っていないことを再三伝えました。



最後には

「私がこの就職対策講座で、恋愛対策の話をしたら、『中川先生、話のテーマが違います』って思うでしょ?それと同じです!!仕事を下さいと言いにいく就職試験で、彼との関係を話に行っては、話が違う!ということです。そうでしょ!!」



と、伝えましたら、うんうんと。うなずきが強くなりました学生さんたちです。



女子教育はやはり必要です。

男子教育と違った視点で、社会への仲間入りに対する覚悟を醸成させないと・・・。



女子大、女子高校に伺うと、女子教育の必要性をつくづく感じます。


*学生さんからの質問には、以下のサイトで回答続けています

http://www.career.style

中川裕美子

有限会社SONORI & 中川裕美子

個々人を大切にする、人材開発コンサルティング会社、有限会社SONORIのHPへ、ようこそお越しくださりました。 SONORIとは、エスペラント語で「音が鳴り響く、共鳴する、ベル鳴る」という意味です。わたくしどもは、この言葉に思いをのせて、一人ひとりの個性が響き合うような社会創造を、ミッションとしています。 Conceptは「こころの幸せ」。こころに響くような、教育や書籍をご提供いたしております。