#002/中川裕美子のMYキャリア/小さい頃から洋服が大好き

結局、私はアパレル業界に就職したわけでした。

その選択は、正しかったような気がしています。

 

好きなことを仕事と結びつけたからです。

 

私の場合は、洋服。

それもわりとフォーマルな洋服が好きでした。

 

学校に普段からスーツを着て行ってしまうような人で、

男子学生からは「夜のお仕事?」と

何度も質問を受けていました。

 

 

小学校時代から洋服は大好き。

 

駅で通り過ぎる人たちの洋服観察をするのが楽しくって、

人がたくさんいる新宿あたりに出るとわくわく!

大嫌いなピアノも「発表会でドレスが着れるから」という理由だけを心の支えに、

10年間も習い続けることができました。

 

 

もっと昔にさかのぼると・・・

幼稚園の頃はお姫様ごっこで、

先生たちが作ってくれたドレスを着るのがお気に入り。

 

素敵なふりふり衣装が着たいという一心で、

お楽しみ会では、お姫様役に立候補して、

白いレースのスカートを衣装にしたのを覚えています。

 

 

<<<前へ      次へ>>>

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。