#097/中川裕美子のMYキャリア/会社名は、「SONY」の「SO」で決まり

そうよ、会社!

 

 

 

会社をつくる、となると

最初にすべきは

・・・・。

 

はい!

 

まず、会社名を決めること

 

 

です。

 

 

 

最初の2文字は

決まっていたように思い出されます。

 

 

「SO」

 

 

実は、過去に派遣スタッフとして

SONY生命の秘書課に勤めていたことがありました。

 

 

例によって、秘書としては、

とんでもなく仕事ができず、

数カ月でクビになったわけです。

 

しかし、そんな私に対し、

私が担当させていただいていました

(←いえ、私がご迷惑をおかけしてしまった)

執行役員の方に、教えていただいたことがありました。

 

===============

 

SONYの「SO」は

設立時のメンバー5名の、熱いビジョンから「SO」となったんだ。

 

 

「世界で有名な会社になろう」という夢をもった、最初の5人が

いろいろ調べた結果なんだ。

 

 

「SO」と書くと

世界で主要な言葉の200カ国語以上が「SO」を「ソ」と読むことがわかったんだ。

 

世界で同じ音で、会社名を呼んでもらいたいという願いから

「SO」で始まる会社名にしたんだよ。

 

======================

 

 

こちらを教えてくださった、執行役員のA氏は、

私を「君は、秘書は向かない。こんなところで秘書なんかしている場合の人じゃない」と

教育業界へ導いてくださった方です。

 

 

 

不思議です。

 

 

A氏は、ダメダメ秘書だった私が

会社を設立する未来を、ご存じだったのでしょうか。

 

 

 

私の会社設立のために

お話くださったような、すてきなお話です。

 

 

 

4,500名の部下がいらして

当時の最年少役員でいらした、そのすごさを、

今になって、改めて思います。

 

 

 

A氏がいらっしゃらなかったら

教育業界の「SONORI」

は、存在しなかったでしょう。

 

 

 

深い感謝です。

 

秘書として、全然お役に立てなく終わり、本当に申し訳ない気持ちですが

その分、SONORIで毎日頑張ろうと

毎日会社名を言うたびに、思い出します。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。