#099/中川裕美子のMYキャリア/有限会社SONORI 誕生

公証人役場のおじさまをクリアし・・・

世田谷法務局

玉川税務署(国税)

世田谷税務署(地方税)

各種銀行

社会保険関係・・・・

 

・・・・いろいろ書類を提出し

 

 

はい!

誕生しました。

 

 

 

有限会社SONORI

 

 

ユウゲンガイシャ ソノリ

 

 

 

・・・・。

 

 

 

「SONORI」とは

エスペラント語です。

 

 

なぜか、自宅に「エスペラント語」辞典なるものが

ころんと転がっていたので

その辞書から、「SO」で始まる

美しい言葉、私の思いと重なる言葉を見つけてつくられました。

 

 

 

「SONORI」

 

 

共鳴する。

ベルが鳴る。

音が鳴り響く。

 

 

という意味です。

 

 

 

個々人の個性を、ひとつの音だと例えると

それぞれの音が共鳴するような

個々人の個性が響きあうような

そうした世界をつくることを

ご支援出来る会社になりたい。

 

 

そういった思いで

「SONORI」と名付けました。

 

 

 

ときどき

「中川そのり」さんと呼ばれます。

 

 

ふふ。「中川裕美子」ですが

うれしいですし、光栄です。

 

 

 

「え?サソリ?」

 

 

と、真面目に言われたときは

ちょっと、自分を反省しました。

 

 

 

・・・・。

 

 

きっと、私が

とげとげしい感じだったのでしょう・・・。

 

 

 

「有限会社SONORI」は

2003年3月10日に、日本の東京、世田谷区で

ちっちゃくちっちゃく誕生したのでした。

 

 

感謝。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。