【Q&A】キャリア教育:先生が気を使っている身だしなみは、何?

皆様

こんばんは。

まもなく17時。

でも、まだ明るいです。立春がまもなくのことを、思い出す夕方。
キャリア教育 講師 SONORI 中川裕美子です。

さて、前記事に続きまして、受講生からのお尋ねに、今回もご回答しますね。

 

【質問】

一番先生が気を使っている身だしなみは、何ですか?

 

 

【回答】

敬意と誠実さを表現することです。

 

【解説】

身だしなみは、

時と場所、状況にあっていることが期待されます課題です。
その中で、いろいろ細かいことは、正直なところ、マナー講師をしております私でも、悩みます。
そうしたときは、その日にお会いする皆様のことを思い、
ご関係者の方に敬意と誠実さが伝わるようにと、答えをみつけるようにしています。

 

私はほとんど多くの講義登壇時に、パールの一連のネクレスをしています。
中には「冠婚葬祭でもないのに・・・」と、周囲から、そのパールはマナー違反だといわれることもあります。

でも、私の中では、これは受講生と講義場に対する敬意と誠意を意味します。
神聖な教育の場に対する敬意。
参加してくださる受講生への感謝と敬意。
この登壇の場をご用意くださる、ご関係者の方への感謝と敬意。
だからこそ、仕事を成功させようと宣言する誠実でいたい思い。

こうした気持ちを、表している誓いのパールです。

 

・・・ただし、「ネクレス禁止」などのルールがある場合は、もちろんいたしません。

周囲の方の希望が、そうしたルールレベルに落とし込まれている場合は、それに従います。

 

身だしなみ、難しいですね。
周囲の人のために、どうあるべきか、をいつも考えてみましょう。

 

 

キャリア教育 講師  & マナー講師  中川裕美子

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。