外部講師として、工夫は最善でいきたいから。オンライン講座資料づくりDAYS

皆様

おはようございます。
寝損ねました・・・。

宅急便屋さんがくるまで、少し眠ります。
SONORI 中川裕美子です。

・・・。

オタク系 電子書籍系 オンライン教育の講師としては、
オンライン講座の資料、考え出すと、妥協できません。

・・・TikTokやYouTubeをしていることで、
ある程度動画を編集に慣れています。
そのため、「つまらない」と評価をいただく傾向の動画を知っているから・・・💦
自分の作品がそうなるのは、嫌・・・。

・・と、あれやこれやと試して・・・

受講生やお客様(組織様)環境も考え・・・

試しては、やめ・・・
やめては復活させて・・・

段取りが複雑すぎると
「これ、続かないぞ」と止め、
簡素化すると、
「これ、手抜きで、遊びだす受講生・・・増えるぞ」と思い・・・

・・・あらら、やり直し、
ファイル形式が対応しない・・・等の繰り返しで、

はい。土日が消えました💦

せっかくの作品になるから、
「中川先生らしいね」と笑っていただきたいし、(ギャクねらいではないです。内容はまじめな講義💦)

なんだか、ワクワクする感じも提供したいし(TikTokのしすぎ?💦)

どうしようかな・・・ある程度、今後のことも考え「SONORIスタイル」つくりたいな…など考え・・・

で、だいたい、私なりのスタイルが決まりました。

ベースは、パワーポイント。
パワーポイントで作成したものを、必要なファイル形式に変換することにしました。


パワーポイントには、通常の文字・画像・グラフなどを入力。
他に、1ページずつに、講師が話している様子のビデオ動画を貼り付けます。


・・つまり、1ページずつ講義の動画を別に制作します。
その後で、その講義の動画を、パワーポイント1ページずつに
貼り付ける、という形式。

パワーポイントに書ききれない資料は、PDF資料で別途送付。

しかし、別途資料を送付しただけですと、どうやら、受講側には苦痛との声💦。


「どこやってるか、わかんなーい」と学生さんが言い出し、逃げるか、寝てしまうか、放棄してしまうか・・といったリスクがあります。

最近は、飼っているペットと遊んでいるという人も、増えてきているそうですし・・・💦


そのため、わかりやすくするために、
パワーポイントに「添付資料のどこをしているのか」を示すための資料を、JPEGかGIFで添付します。

そうです・・そのために、つまり、作成したファイルがワードならば、PDF→GIFと変換する必要があります。

パワーポイントには、
・通常の文字や画像・グラフ
・ビデオファイル
・JPEGかGIFの別紙を示すファイル

をくっつけてある状態になるのです。

「いま、別紙の3ページを演習しますよー」と、講義している顔が映るビデオファイルを、その添付資料JPEGかGIFのとなりに添付し、説明書きの文字を入れ込みます。

・・・なんて、親切。涙ぐましい( ノД`)シクシク…

で、その努力むなしく、
すっかり爆睡とかきっと、されるんだわ。。。ふふふ。
先生業とはそんなもの💦(*´▽`*)慣れてるから平気~☆あんまり寝せないけど。

そして・・・そう。問題が残りますよね。
作成したファイル、データ量が多くて、いわるゆ「重い!!」

当社側では、YouTube等にパスワードをかけて、アップロードし、
期間限定で閲覧、ダウンロードしていただけるようにします。

そうすることで、学校では、アクセスが集中して起こりうる
サーバーエラートラブルを乗り切ります。

当日

「見れなかったー、つながらなかったー」と皆様がお困りになった場合は、
後から慌てずに、
ZOOMのその場であたふたしている動画録画ではなく、
きちんとつくられた教育動画を
御覧になっていただけます。

もちろん、事前にファイルは、実施先にご提出。


皆様のご環境が許すようであれば、
資料ファイルを音声付で御覧になっていただけます。

紙面としての印刷も、もちろん、可能です。

・・・・はい。

いかが?

・・・とひたすら考えていました。

あとは、お客様の環境に合わせて、臨機応変にアレンジ、応対させていただきます。(*´▽`*)

ちょっとここまで、
YouTubeのストリーミング配信にしようかなとか、
全部PDFにビデオ付きにするかな・・・とか。

試作品をつくりながら、
ものすごく時間かけてしまいました。


でも、慣れれば、きっと大丈夫。
段々無駄な作業も省ける。(勝手に確信、というか、ここまでがかなり無駄??💦)

とにかく「何が今の時点で最善なのか」。
これを決めるのに、相当時間がかかりました。

来年はまたお客様のネット環境が異なる可能性があります。
もっと簡素化されてスムーズかもしれません。

ふー。

本日、PC録画用のマイクが届くので、
それを使いながら、音声もノイズ抑制を最大限にしながら、
少しずつ撮影していきます。

TikTokしていてよかった( *´艸`)
撮影と編集は、決まってしまえば、作業時間の問題。

・・・・

できるだけ、良い質でご提出したいから。
後々残ってしまう動画は、外部講師としては評価の材料になりやすいので、覚悟が必要です。

当日、「ネットの調子が悪くて」を言い訳にはしません。


そのために、カバーできる対応策、
お客様が安心して当日をお迎えできる資料事前ご提出方法。
あれやこれやと検討。


外部講師、プロ講師の意地。

・・・とはいえ、カッコつけれるようなものは、
何もございません。
慣れていなくて、ご迷惑をおかけしております。

頑張ります。
よろしくお願い申し上げます。

SONORI 中川裕美子

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。